XserverXserverSupportDomainDomainSupportMany-KingMany-King Support

【中国出張:総括】:「広州白雲国際空港」と「新世紀酒店」

この記事へのリンク ブックマークに追加する
Print This Post Print This Post

2008 年 6 月 4 日は、タイから中国は広州へと移動の日。Bangkok から中国広州(Guangzhou)へは、直通便はタイ空港の便があるようですが、私は常に Northwest ですから・・・タイからは成田経由での中国は広州へ向かうことになります。

タイの「スワンナプーム新国際空港::Suvarnabhumi Airport」を午前 6 時発の Northwest 22 便で成田へ。成田着は、14:25 で、成田から中国広州へは、19:15 発の Northwest 27 便で向かいます。広州の国際空港の正式名称は、「広州白雲国際空港(こうしゅうはくうんこくさいくうこう)::Guangzhou Baiyun International Airport」です。

これまで、台湾や香港への出張はあるのですが、中国本土は初めての体験になります。4 時間余りの成田での待ち時間は、結構簡単に過ぎて、一路広州へ。約 4 時間 30 分のフライト。広州は、北京、上海に次ぐ中国第 3 位の都市。日本との時差は 1 時間しかありませんから、まったく時差も気にならず。空港到着は、午後 11 時。イミグレーションも税関もとっても簡単に通過。何一つ会話することもなく・・・(こんなに簡単でいいのかな・・・何て感じましたけど)

タイと同様、英語は全くと言っていいほど通じません!というより、タイよりも状況は悪い気がしました。空港には、まったく日本表示なし。最近の国際空港では、日本語は標準語のように、空港のあっちこっちに日本語での案内があるのですが、中国広州は全くなし。

さて、中国での宿泊は、「新世紀酒店::The New Century Hotel」です。広州の空港からは、車で行くと 10 分 から 20 分ほど、と聞いていましたからタクシーで。

空港を出ると、Taxi と明らかに解り、日本のようなメーター付とそうではないいわゆるハイヤーとがありますが、ビックリするほど値段が違いますから要注意!私と一緒のコンサルタント連中は、普通のメーター付のタクシーに乗車したそうで、ホテルまでは 75 元(約1,300 円)!私はハイヤーを利用して・・・250 元(4,400円)もしました・・・ただ、日本に比べれば、まだまだ安い感覚はあるのですが。

宿泊先の「新世紀酒店::The New Century Hotel」でした。ガイドでは、4-Stars ホテルということでしたが・・・フロントデスクでは、深夜ということもあってか、全く英語が通じませんでしたが、紙に日本語の漢字で表現すると何とか理解してもらえるといった何とも不思議な状況でした。

部屋は、交渉次第ではかなり安くなりますが、最高級の部屋でも日本円にすると 1 泊 10,000円しません!ただ、日本語どころか英語のテレビ番組はありませんし、日本語の案内や日本食レストランも全くありません。

また、クレジットカードの明細や領収書も全て中国語・・・海外出張で、これだけ英語が通用しないことはこれまでにはありませんでした(逆に漢字で表記した方が理解してもらえるという不思議な国です!)そういう意味では、国際化が遅れるている大国といった感じがしましたが。

広州は、香港に近く、気候は暑くて湿気も高く・・・私の苦手な国の Worst 3 に入る感覚・・・個人的には、Singapore、Philippines、China といったところが苦手な国。「気候、食事、言語」が大きな要因です。



Trackback: http://www.nakui.biz/index.php/2008/06/04/541/trackback

コメント:1個

  1. 斧田一夫より、 2009年04月06日:

    白雲空港空港には旧空港から新にたって広州より交通が楽にはり空港での帰りの出国じに楽しく過ごせる雰囲気がすばらしい空港です、いつも帰りには、現地の会社の人たちと食事等ではねを伸ばせます。きれいな空港です。

コメントをどうぞ

コメントスパムを排除するために、投稿して頂いたコメントは、本サイト管理人の承認作業が完了してからの公開になりますことをご了解下さいませ。